現代歯科学の進歩と治療法の確立!根管治療で虫歯菌を退治

リンゴ

咬合治療の重要性

歯科

噛み合わせが悪い人は多く、更にその状態を放置してしまっている人は多いです。噛み合わせが悪いまま放置していたら、様々な諸症状を引き起こしてしまいます。まず第一に、虫歯、歯周病のリスクが跳ね上がります。噛み合わせが悪いことにより、余計な力が歯にかかってしまいます。そうなると、歯茎にダメージが入り、その結果歯茎が炎症して細菌が侵入しやすくなってしまいます。その結果、歯周病になりやすくなってしまいます。他にも、噛み合わせの悪さにより歯の汚れが落ちにくい部位が生まれ、その場所が虫歯になってしまうのです。また、噛み合わせが悪いということは顎の筋肉の動きがおかしいということでもあります。その場合、顎の筋肉とつながっている首と肩の筋肉にも余計な負荷がかかってしまい、筋肉が硬直してしまいます。その結果、肩こりにつながってしまいます。このように、噛み合わせ一つで体のあちこちにデメリットが生まれてしまうため、噛み合わせ治療は重要になるのです。
噛み合わせ治療は、マウスピースや矯正器具を用いて長い期間をかけて矯正していきます。具体的には長くて半年程度であり、今期が重要になってきます。そのため、歯科医院はできるだけ信頼できるところに通って噛み合わせ治療を受けましょう。インターネットで検索すれば、噛み合わせ治療を行っているところは見つかりやすいため、簡単に探すことができます。また、どのくらいの実績と経験があるのかもわかるので、最寄りで最も頼れるクリニックをじっくりと探しましょう。