現代歯科学の進歩と治療法の確立!根管治療で虫歯菌を退治

歯科

歯の根っこ

歯型

虫歯を放置していた場合、虫歯菌は歯の根っこにまで到達してしまいます。そうなると、虫歯菌は歯神経に悪影響を与えます。虫歯菌に侵された歯神経は炎症を起こし、最悪の場合歯神経が死んでしまいます。そうならないためにも、虫歯治療は早めに行わなければならないのですが、もし手遅れだった場合は根管治療という治療方法を行う必要があります。根管治療とは、歯の根っこを治療することです。具体的には、歯の根っこ(根幹)を洗浄し、虫歯菌に侵されてしまった神経を摘出した後、薬剤を充填して蓋をするといった治療です。この時、虫歯菌を完全に除去しなければまた痛みが再発するので再治療をしなければなりません。根管治療で虫歯菌を退治しましょう。
少し前までは、根管治療は再治療のリスクが高い治療方法でした。歯神経は非常に小さく、肉眼で把握するのが難しかったからです。そのため、医師としての技術と勘が求められる治療でした。しかし、近年ではこの根管治療も大幅に改善されつつあります。その理由は、マイクロスコープ(顕微鏡)の開発です。現在は、歯科用マイクロスコープが開発されたおかげで根管治療の成功率は非常に高くなっています。顕微鏡で根幹を見れば、虫歯菌の発見やボロボロになった歯神経が見つかるので、完全除去も難しくありません。また、薬物の充填も現在は再治療のリスクを減らす方式が開発されています。歯の隙間に薬物を充填できる方法が編み出され、そのノウハウは広まりつつあります。しかし、それでもまだ根管治療は難しい治療の部類に入るので、根管治療を得意としている歯科医院は、技術力のある歯科医院だとわかります。

虫歯になるのを防ぐ

歯医者

歯科というのは、虫歯になるのを防ぐために通うのがもっともよい選択です。虫歯になった歯は二度と元には戻らないので堺市にある歯科医院で定期的な虫歯予防に努めましょう。

» 詳細へ

咬合治療の重要性

歯科

歯周病や虫歯になる可能性が上がる他、顎関節症や肩こりの原因など、噛み合わせが悪いと多くのデメリットが生まれます。噛み合わせ治療は早めに行い、正しい噛み合わせに治しましょう。

» 詳細へ

インプラントを行う条件

歯医者

抜けた歯の補綴を行うインプラント治療は、誰にでもできるというわけではありません。骨の薄さや健康状態など、様々な条件をクリアしなければならないのです。川崎ならば骨が薄くても手術を行う方法があります。

» 詳細へ